サイバーセキュリティ事業

脆弱性診断(セキュリティ診断)

脆弱性診断とは、ネットワーク・OS・ミドルウェアやWebアプリケーションなどに脆弱性がないか診断することです。
脆弱性診断を実施し、ネットワーク/サーバ、Webアプリケーションのセキュリティの現状を確認することで、
攻撃者からの悪意ある攻撃や情報漏えい事故などのリスクを未然に防ぐことができます。

侵入テスト(ペネトレーションテスト)

ペネトレーションテスト(略称:ペンテスト)とは日本語で「侵入テスト」を意味し、システム全体の観点で
サイバー攻撃耐性がどのくらいあるかを試す為に、悪意のある攻撃者が実行するような方法に基づいて実践的に
ホワイトハットハッカーがシステムに侵入することです。

その他、当社のサイバーセキュリティ対策における実績について、ご紹介いたします。

Case A証券会社における脆弱性診断コンサルティング案件

ホワイトハッカーによる脆弱性診断、及びコンサルティングサービスを実施

Case Bウェブマーケティング企業におけるデジタルリスクコンサルティング案件

システムリスク対策から事業リスク(オペレーショナルリスク、レピュテーションリスク等)まで幅広くコンサルティングを実施

Case CITサービス事業者におけるセキュリティエンジニアリング案件

ホワイトハッカーによる攻撃対策の企画、実施からシステムの追加開発まで幅広く対応

Case D暗号資産取引所におけるウォレットセキュリティエンジニアリング案件

ホワイトハッカーによる攻撃対策の企画、実施からウォレットの追加開発まで幅広く対応

Case Eセキュリティソフト会社における脆弱性の指摘および対策サポート

国内外の既存メインプレーヤーであるセキュリティソフト会社のサービス脆弱性指摘および対策サポートを実施

Case FEC事業者における脆弱性診断コンサルティング案件

ホワイトハッカーによる脆弱性診断によるコンサルティングサービスを実施

© 2020 LIBRUS Co., Ltd All rights Reserved .